003848 小型カブト

[HOME]  [TOP]  [新着記事]  [記事検索]  [管理用]

D系に代表される大きなカブト虫以外に、世界には小さくて珍しいカブトも沢山います。
世界最小?のカブト虫をご堪能下さいませ。。
ここではほとんど固体の説明はされてませんのでご注意を(^^;


アウリクラテスナガコガブト? 【学名 Rhizoplatys auriculatus】 No.14  
産地 エチオピア  
しばらくぶりのコカブト!。これは日本で5名程しか飼育していない珍品らいしいのですが・・(^^;。小さいながら胴がチョッと長い感じの可愛いコカブトですネ(^^)。画像はあんどりゅうさんにお借りしたものです。


ヒメカブト 【学名 Xylotrupes gideon SP】 No.13  
産地 南ミャンマー  
晴れの成虫の姿を見れず・・☆に成ってしまいました(><;。気を取り直して♀画像をどうぞ!(^^)


ウッドラークパプアマルカブト 【学名 Papuana woodlarkiana woodlarkiana】 No.12  
産地 イリアンジャヤ・ファクファク  
コカブト第二段?。ウッドラークがやって来ました!。(笑)


スリナムミツノカブト 【学名 Strategus srinamensis srinamensis 】 No.11  
産地 エクアドル・ペドロビセンテ  
やってきました小カブトちゃん!もう増やさないぞと心に決めたにも関わらず・・・。小ガブトも可愛いし欲しいしと思いきや、価格は大きさに反比例!!なんとも手が届きません・・(^^;。そんな折、カブ師匠よりお譲り頂きました〜(^^)。頂いた後で気付いたのですが、この個体は日本にWDで5ペア位しか入荷していない希少種らしいのです・・・。無知とはは恐ろしいことで・・・(^^;。価値が分からず失礼致しましたm(_ _)m。でも嬉しいですね〜これで小カブトデビューです。どこまで増えるやら〜恐ろしいやら嬉しいやら・・嬉しいのです!(^^)。 画像はけんけんさんにお借りしたものです。


アロエウス・ユリアヌス 【学名 Strategus aloeus julianus 】 No.10  
産地  
最近はチト入荷個体が高過ぎるのでは!?なんて思うい、購入欲がなくなりつつある今日この頃で御座います・・(^^;。な〜んて思っていたら飛んで来ました小カブト2号!私の心が読まれてなのか嬉しいです。○○さんいつもお心遣い頂きましてありがとうございますm(_ _)m。休眠中の個体を起こして、さて撮影に。いやはや動きが早くて上手く撮れないので御座います(^^;。でも小さくて可愛い個体ですネ〜(^^)。皆さんが小カブトに嵌るのが分かるような気がしますよッ。そう言いながらのめりこんでいるような自分が怖い(笑)


ゴロファ No.9  
産地  
カッコ悪い形のカブト〜なんて思っていたのは本音です(^^;。でもこれ4cm位の小さなカブトで、これまたなんとも可愛いのです〜(^^)。♀が居ないのでブリードは出来ませんが、何事も食わず嫌いはダメですね。反省でした(^^;。まだまだ諭吉さん動員してまで揃えようと思うまでは行かないのですが、この可愛らしさに魅了されるカブトブリーダーは益々増えるのでしょうね(^^)。このカブトは随分前足が長く、テナガコガネのようです。生態を知るとまた面白さを再発見出来るのでしょうね。早速調べてみましょう。興味が尽きない面白さです。(^^)


ヒメカブト 【学名 Xylotrupes gideon】 No.8  
産地 タイ・チェンマイ   
カブト飼育を始めた頃に格安で譲ってもらったもので、デカイ系とチッチャイ系のカブト虫に魅せられて・・・。東南アジア系のカブトは闘争本能が旺盛でこのカブトは小さいながらその性質を見込まれてか本土ではカブト相撲のカケ事に使われているようです。栗色で日本のカブトと親戚関係。ヘラクレスのように胸から出ている角が長くて これまたカッコイイですよ。(^^)


サビイロカブト 【学名 Allomyrina pfeifferi celebensis】 No.7  
産地 ボルネオ  
30mm位のチッチャイカブトで、うまいネーミングで本当サビついた感じです。これはおまけで頂いたもので無事成虫になりましたが、直☆に・・・。ヘラクレスの幼虫と同じ位水分大目にしてたのですが何頭か☆になってしまいました。酸欠でもあるのかなと飼育の難しさを教えてもらったサビイロ君です。合掌。生き物を飼う以上責任も生じます。大切に育てたいですね。教訓でした。


モンゴルメンガタカブト 【学名 Trichogomphus mongol 】 No.6  
産地 マレーシア・キャメロン  
食べない、産まない、のブリード困難種。今度はこの種に挑戦してみます。果たして産むのかな!?(^^;。やってみると奇妙な生態です。巣のようなトンネル掘るのですよ!実はテナガのセットに追われて何ヶ月か割出ししていなかったのでこのトンネルを作ることが分かったのです(@@)。卵は産むようですが萎んでました・・。さてこれからどうなるかと楽しみな個体です(^^)


マルタバンコブメンガタカブト 【学名 Trichogomphus martabni 】 No.5  
産地 マレーシア・キャメロン  
産地 マレーシア・キャメロン 
届いた時、以外に大きいのでビックリ!。これもメンガタカブトと同じで産まないらしい・・・(^^;。モンゴルちゃんと同じような生態のようです。コレもトンネル族(?)のようです。師匠に教えてもらって実験してみたのですが、面白いですね〜。ゼリーを坑道の入り口に移動するんですよ!不思議、不思議、まか不思議!!飼育の面白みですね〜(^^)皆さんもチャレンジしてみたら面白ですよッ。産んだら教えてくださいねッ!



現行ログ/ [1] [2]
No. PASS
No. USER PASS
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND


--やちぼうず--
[TOP]
shiromuku(mt)BBS version 3.91