000706 BBBB

[HOME]  [TOP]  [新着記事]  [記事検索]  [管理用]

CCCC


フォレスターフタマタ 【学名 Hexarthrius forsteri】 No.13  
産地 ミャンマー・サガイン  

これも・・です(^^;


ブルマイスターツヤクワガタ 【学名 Odontolabis burmeisteri 】 No.12  
産地   
送られてきたパッケージを開けると幼虫の詰め合わせセットが・・。なに??。クワガタに余り興味を示さない私に刺激を、と送りつけられたものは・・。後で調べてビックリ仰天でした〜(@@ 。価値を知らないというのは本当に恐ろしいですネ・・(笑)


タランデゥス 【学名 】 No.11  
産地 アフリカ・  
世界には凄い虫が居るものですネ〜。漆を塗ったようにピカピカなんですよ、これ!。超困難種と言われておりブリードの成功例は極わずかなようです。採れない&高いときたらよっぽどのチャレンジャーでなければ・・。私のような小心者には絶対に買えません(^^)。よせばいいのに嫁さんが、これ欲しいよね・・なんて言ってたら、クワ友から飛んできました。観賞用に♂だけねって(^^)。でもみんな凄すぎです(@@


オオゴンオニクワガタ 【学名 】 No.10  
産地   
困難種と言われる種に興味が出てきた頃、オオゴンオニはカワラ菌糸でブリードが確立されてきておりました。マットでも産むだろう、と挑戦はしたもののやっぱり大して採れませんでしたね(笑)。ローゼンWD♂74mmを購入した時は涙物で嬉しかったですね〜。ローゼン、モーレン、モセリ、そして今度はボルネオとババなんて思いも膨らみましたが財布がついて行きません!(笑)。虫が金色ですよ!。この大きさとこの色!。大好きです!


フェモラリスツヤクワガタ 【学名 】 No.9  
産地   
これはショップさんから幼虫のオマケで頂いたフェモラリスです。これもアジアを代表する大型種ですが、羽化した個体は見事に短歯でした(^^;。修行が足らんですネ(笑)。ツヤクワを大きく出したいのであれば大ケースは覚悟しなければなりませんね。私はミニケースです(笑)


ギラファノコギリクワガタ 【学名 】 No.8  
産地   
突然、嫁さんがギラファってカッコイイよね・・なんて話していたら、来ちゃいました(笑)。アジアを代表する大型のクワガタ。100mmを超えたらもう圧巻ですよ(^^)


ビソンノコギリクワガタ 【学名 】 No.7  
産地   
色虫に興味深々だったのですが、クワ友からノコギリのいいよ〜なんて飛んできました。


ニジイロクワガタ 【学名 Phalacrognathus muelleri 】 No.6  
産地 オーストラリア・ケアンズ  

初めて見たら「これがクワガタ!」と思うほど綺麗なクワガタ。最初は変な形!とあまり興味が沸かなかったものの今ではなんとも言えないこの変な形と色に魅せられてます。。本で見るよりもはるかに綺麗!裏側もスッゴイ「ピカピカ!」。でも、何故に進化の過程でこのよなメタリックボディーになったのか不思議でしょうがないです。。好奇心が尽きないですね。。(^^) クワガタ飼育を始める方カブト達のグラント欄を参考にね。ためになりますよっ!(嘘) この個体はレッドが強く出ます。蛍光灯の下では足も赤いので、いつも見ている赤と緑のニジイロとは違った意味でカッコイイです。逆にグリーンが強いってのも居るのでしょうね・・・。ブルーも居たりして(^^;


ランプリマ 【学名 】 No.5  
産地 オーストラリア  
クワガタ図鑑を見ていると、変な形と変な色をしたクワガタが世界には居るものだ・・。まか不思議の世界だね。なんて思っているとインターメディアを筆頭に外産のクワガタが日本に持ち込まれていることを知ったのでした。
この見事なブルーには心奪われましたね〜。自然界に「青」の色を持つ生物は青い鳥に代表される鳥にしか居ないものだと思っていたので衝撃でした〜。そしてブルー愛好家達が結構多いのにはビックリ。早速嵌ってしまい、ミカルド、タスマニア、アウラタ、アルファックとその頃入荷しているものを全種に近いくらい買っちゃいましたね。今でもやっぱり綺麗ですネ・・(^^)


インターメディアツヤクワガタ 【学名 】 No.4  
産地 ネグロス  
久々の休みなんで嫁さんの買い物に付き合うことにしました。「買って欲しい物があるんだけど?」となにやら怪しげな問いかけに「何を?」と連れて行かれるままたどり着いたところはペットショップ。10cm強のインターメディアが展示品で置かれてて「これっ」て・・・。このデカイクワガタが欲しいと言うんです!カブトの欄で書いたのですが、おかずと一緒に毎年カブトムシを買ってくる変な嫁で。毎年デカイ水槽2つに国産カブトと国産ノコギリ・ミヤマを家族で採ってきてはごちゃ混ぜ飼育してたんですが、その頃は外国産のクワガタなんて図鑑でしか見た事無かったので、その大きさには驚きでした・・・。私が好きな事を知っててか心理作戦に見事にのせられ買わされました・・・。今のクワカブ貧乏まっしぐらは嫁のせいです・・・(^^; うまい事にクワカブいじくるのに家に早く帰って来る。小遣いは綺麗なオネーチャンに持ってかれないようにと仕組まれた罠であったとは。うっかりしてました・・・。



現行ログ/ [1] [2] [3]
No. PASS
No. USER PASS
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND


--やちぼうず--
[TOP]
shiromuku(mt)BBS version 3.91